gccとpythonのupgrade

個人用のメモです。情報は2018年2月10日時点のものです。

gcc

$ brew upgrade gcc

アホみたいに時間がかかる。環境によっては2時間以上かかることもあるらしい。ひたすら待つ。
ファンがブン回ってうるさい。我慢する。(84 minutes 7 secondsかかった)

$ ln -s /usr/local/bin/gcc-(new version, e.g.: 7.3) /usr/local/bin/gcc
$ ln -s /usr/local/bin/g++-(new version, e.g.: 7.3) /usr/local/bin/g++

確認は、

gcc -v

python

pyenvを使う。

$ brew upgrade pyenv

これはすぐ終わる。

$ pyenv install --versions

ここから欲しいversionを発掘する。

$ CFLAGS="-I$(xcrun --show-sdk-path)/usr/include" pyenv install -v (version, e.g.: 3.6.4)

gccほどの時間はかからない。ちょっと待つ。

$ pyenv versions
$ pyenv global (new version, e.g.: anaconda3-5.0.1)

確認は、terminalを再起動してから、

python --version

[amazonjs asin=”4873117380″ locale=”JP” title=”入門 Python 3″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください