G903hレビュー

AmazonのクリスマスセールでG903hを購入したので、レビューをします。
無線の遅延、センサースペック共に不満なしで、こちらは他所のレビューサイトでも高く評価されただけはありました。
Logiのマウスあるあるですが、マウスソールが変な形をしていて、替えが効きにくいのは難点ですね。
大きさは、私の手は小さいのでサイドボタンの奥側は少々押しづらく手前側と同時押しになったりもしました。持ち方をつまみから被せ持ちに修正して何とか解決しましたが、慣れるのに時間がかかりそうです。同じように手の小さい方や、女性の方はご注意ください。
Logiから出ている似たようなマウスとして、GPROがありますが、G903hを選んだ理由はボタンの多さでした。
サイドボタン2つと、配信中のプッシュミュート(あるいはトーク)の3つをバインドしたかったこと、ホイールクリックを連打したり、押し続けるのはこれまでの経験から難しいと感じた次第です。
と言ってもサイドボタンが多くあるわけではなく、チルトと、ホイールの手前側に2つあるだけですが。
まず、ホイール手前側の2つはホイールのノッチ切り替えトグルスイッチが邪魔で誤爆しやすい点、2つのボタンを押し分けるのが難しい点から、ゲーム用途で使うのは困難だと感じました。デフォルトではDPI切り替えがバインドされていますが、誤爆すると困るので予めGhub(設定用ソフト)で変更しておく必要があります。
私は何もバインドしていませんが、コピーやペーストなんかをバインドできるので、その程度を入れる分には問題ないと思います。
チルトに関してはホイールクリックよりも軽い、と言うよりホイールクリックがやけに重いので、ホイールクリック(Mouse3)をバインドするのもありかと思います。指3本乗せでマウスを持っている場合はチルトの保持も楽なので、そのスタイルの私はここにプッシュミュート(トーク)をバインドしました。
なお、殆どのアプリケーションではマウスのボタンは5までしかバインドできないので、6つ以上バインドしたい場合はGhubでキーボードのキーを予めバインドしておく必要があります。

肝心のGhubですが、マウスのプロファイル設定とLEDライティングやキーバインドの設定が別々の階層にあり、UXは良くありません。
お世辞にも使いやすいとは言えませんが、一度設定してオンボードメモリに保存しておけばもう起動する必要すら無いので、今の所は我慢しておきましょう。マウスの電源スイッチとオンボードプロファイルの切り替えボタンが近く、電源スイッチが硬いため、電源のオン/オフ時にプロファイル切り替えを誤爆する危険があります。プロファイルを1つだけにして、残りの4つをGhubで無効化することをオススメします。

LEDライティングはバッテリの残量を色で知らせたりしてくれないので、誰も使うことは無いと思いますが、白に設定して見た所、かなり青みがかって見え、白とは思えない色になりました。私自身使うつもりは無いのであまり詳しく調べていませんが、発色に問題があるかもしれません。使いたい人はどうぞ。ただ、LEDをオフにするだけでバッテリの持続時間が公称値で40時間も伸びるので、使わない方がかなりお得な気がします。

マウスの重量は公称値で110gとかなり重い部類ですが、ワイヤレスであるためか、有線の軽量マウスに引けを取らない軽さに感じます。日頃ケーブルに足を引っ張られていたのだと認識されましたし、ゲームでワイヤレスマウス以外を使いたくないと感じる程でした。
これより30g軽いとされるGPROも触って見たいのですが、何分お財布に厳しいマウスなので当分厳しそうです。ボタンも1つ不足していますし…

と言うわけで、今年最後の記事はG903hのレビューでした。総評は、
・少し大きい(個人差があります)
・ホイールクリックが重い
・マウスソールの形が悪い
・ゲーム用途でホイールのノッチ切り替えボタンが邪魔(これ、ゲーミングマウスでしょ?)
・前述のボタンのせいで2つのボタンが使い物にならない(とても器用な人なら使えるかも)
・マウスの電源スイッチとプロファイル切り替えボタンが近い
・マウスとは直接関係しないもののGhubは使いにくい
・その他は良好
となりました。ボタンは5つとホイールで十分という方はGPROをオススメしますが、手が大きい、マクロをいくつかバインドしたい、と言う場合にはオススメです。 3/5

プログラミングの勉強をすることにしました

以前からチュートリアルを終えた程度の知識はあったのですが、本格的に勉強してみようと思いました。
しかしお勉強用のMacはストレージの残りが数GBしかなくXcodeすらインストールできない有様で、新しいMacBookAirを注文したは良いのですが、到着は12月になってからのようです。
仕方がないので、今はWeb系のJavascriptやPHPから始めるか、素直にC++から始めるかを考えたり、本を読んだり、簡単な写経をして過ごしています。
毎年Wordpress(私のblogはこれで動いています!)のテンプレートを作ると言っているので、どちらから始めるにせよ最終的には自作テンプレートを作ってみたいですね。
他に作ってみたいのはMac向けの将棋GUIアプリでしょうか。Armチップを搭載したMacはNPUも持っているので、DLを利用した将棋ソフトを動かしやすいという利点もあり、作ってみたいのですが、学習させられるほど高性能なマシンは持っていないので、残念ながら将棋ソフトを作るのは難しそうです。
こういうお勉強や、その成果よってお金が稼げるようになるとさらに良いのですが…
Macを買う際、親戚からIT系の資格が取れるのかを聞かれたのですが、現在はコロナの影響で試験そのものが中止になってしまっているのが悲しい所です。

お金のことはともかく、新しいMacも買ったことですし、自分が飽きっぽい性格なのは自覚しているので、blogの月1更新のように社会通念上極めて容易と思われる程度の目標を立てて、のんびりしっかり勉強していきたいですね。
お勉強の成果物が、いつ出てくるかはわかりませんが…

IQSocietyのIQTestを受けました

IQSociery.comを受けてみました。
あたまわるわるなので以前受けたものと同じく時間内に全部解くことができませんでした。
結果は140.5(SD15)で、なんとか上位0.4%に入ることができたようです。
詳細を見るのは有料(簡易版で1000円くらい)なので、詳しく知りたい人にはあまりお勧めできませんが、受けるだけなら無料で、詳細が気になるならお金を払えばいいシステムなので、気軽に受けてみるのもいいかもしれません。
私はYou are on Genius!にホイホイ釣られて課金してしまいました。

IQが140.5だろうが私が執筆現在無職であることに変わりはありません。頭の良し悪しと人生の難易度は相関がないか、私が外れ値なのかはわかりませんが、頭が悪くても収入を得られている人は尊敬します。のでお金ください。