デルアンバサダープログラムよりXPS13の貸し出しを受けました

本当はAlienwareが良かったのですが、そちらは外れてしまいました。
試用機の性能は第10世代Corei7、16GBRAM、500GBSSD(ちなみに32GBRAM、1TBSSDが最高性能なのでこちらも外れ)で、現行の第11世代Core搭載のラップトップと比べると、第11世代のTigerLakeで性能が大きく向上したこともあり見劣りします。今購入するとしたらそちらでしょうから、性能面のレビューはほとんど行いません。どうせ比較対象は私のメインマシンであるM1MacBookAirなので、比べるのが難しいというのもありますが。
尚、現在はTigerLakeのモデルが購入可能です。


写真ではわかりづらいですが、フットプリントはMacBookAirより縦、横ともに小さく、A4サイズに収まります。ただ、ヒートシンクとファンの分で厚くはなっています。1.2kgという公称重量をどう捉えるかは個人差が大きいと思いますが、携帯性は良いと感じます。

ACアダプタはデルお得意(?)の極太ケーブル使用でアース線まであり、サードパーティのものでなければ携帯は難儀するでしょう。地域ローカライズではAppleに遠く及びません。

I/Oは左側面にThunderbolt3、MicroSDXC。右側面に3.5mmオーディオジャックとThunderbolt3で、左右にThunderbolt3があり、MicroSDXCまであるのは便利です。
ただし、オーディオジャックがThunderbolt3よりも奥にあるため、右側で給電するとヘッドセットを繋ぐのは難儀しそうです。


キーボードは左端のキーが大きく、右端のキーが小さい若干変則的なJP配列です。私がUS配列派なのはさておいて、これ左端のキーを通常のサイズまで小さくすれば右端のキーも通常のサイズになったのでは…?
MacもJP配列は少々歪ですし、キーボードのローカライズは難題なのかもしれません。

ディスプレイは16:10の4K+でとても解像度が高いのが特徴ですが、Windowsの推奨が300%となっており解像度が低すぎるので、とりあえず200%のFHD+にしておきました。MacBookAirより解像度が高いので便利そうです。
狭額縁に加えてカメラが小さく、フットプリントの小ささに大きく貢献しているのが想像できます。

このブログを表示してみた写真です。
左がメイン機のMacBookAir、右が借用機のXPS 13で、MacBookAirの方は管理者用のツールバーがありますがそんなの考慮するまでもなく明らかにXPS 13の方が高精細なのがわかると思います。
モニタの物理的サイズはほぼ同じなのにXPS 13の方が明らかに高さが低く、コンパクトなのもわかります。

実際に使ってみての感想は、Twitterにまとめるつもりです。興味のある方はご確認ください。

また一つ歳を重ねてしまいました


先月また歳を取ってしまい、それまでにはもう1本記事を書くつもりだったのですが、いつの間にか一月が経ちもう8月の終わりが見えてくるようになりました。

相変わらずヘルニアは治っておらず、ウォーキングが良いらしいと聞き始めてみるも改善の兆しは見えません。
これに関連して、ポケモンGOを今更始めました。ディアルガには間に合いませんでしたが、パルキアとザマゼンタは手に入れることができました。ウォーキングの際のささやかな楽しみになり、ほぼ毎回異なる散歩ルートを選ぶ羽目になるのも新鮮でいいですね。

近況としてはもう一つ。エアコンが新しくなりました。不祥事まみれの三菱電気製なのが少々気になりますが消費電力が半分どころか1/5以下までに減りました。24時間ほとんどつけっぱなしなので、この電気代の低下は嬉しいはずです。

それでは、すっかり月1更新と化したこのBlogですが、今年もよろしくお願いします。