10日で受かる基本情報技術者試験

本来は来年春に受験する予定だったのですが、家族の勧めと助けがあり、今年秋の試験も受験できることになりました。

しかし、当然ながら勉強時間が最長でも2ヶ月弱しか取れない状態でしたので、記念受験のつもりで、試験勉強も直前の10日ほどしか行わずに受験しました。

結果は無事というか想定外なのですが、合格でした。

勉強といっても平成30年度 イメージ&クレバー方式でよくわかる栢木先生の基本情報技術者教室を1周しただけ、もっと言えばこれの数年前の版を使っていたので、本に全く書かれていない問題も出たほどでしたが、なんとか合格ラインに届いたようです。

試験のコツとしては、午前は問題数の割に時間が余る程度に余裕があったので、焦らずゆっくり考えること、午後も時間は十分にあるので、選択問題を全てしっかり読み、自分にとって簡単そうなものを選択することです。

プログラミング言語の選択に関しては、言語の仕様についての設問はほぼ無く、考えることが重要だと感じました。
そのため、自分が勉強していない言語についても設問を確認し、簡単そうなものを選ぶと良いでしょう。

私ですら午前、午後ともに途中退出できたほどなので、数ヶ月勉強しておけば当日の体調等の不確定要素を除けば問題なく合格できるのではないかと思います。カラダニキヲツケテネ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください