集団的自衛権と徴兵制

集団的自衛権が行使されるので徴兵制が始まる? というお話

現代では徴兵制をすると大赤字になります。最先端の兵器を利用するにあたり歩兵を1人育てるためのコストが非常に大きくなっているためです。
仮に今徴兵制を始めてしまったら日本は経済的に破綻することでしょう。
また、強制的に集められた人は士気が低く、やる気もないので、技術は身に付きづらいです。
つまり、志願して軍人となった士気の高く優秀な精鋭を育てることでコストを削減しています。しかし政府は徴兵制の可能性はあると述べました。
そのため、まず、徴兵制がどういう場合に必要になるか、ということを考えます。

日本が他国を侵略する場合は、徴兵によって用意された未熟な歩兵は足手まといになります。育成コストが高いので、歩兵1人を増やすよりミサイルを1発作った方がはるかに効果的で、低コストで済みます。

では日本が侵略を受けた場合はどうでしょうか。
基本的には自衛隊によりアメリカの支援が到着するまでの時間稼ぎをします。アメリカは現在世界最強の軍事力を持っているので、アメリカの支援があればアメリカ以外の国に負けるということはあり得ないでしょう。
しかし、アメリカの支援がなかった場合は、日本は危機的状況になります。敵基地攻撃能力が低いので、長引けば長引くほどジリ貧になってしまうのです。
そうなった場合は、日本が消滅するより経済的に破綻する方がはるかにマシですので、徴兵が行われることがあり得ます。
そして、アメリカは不景気により軍事費を削減する方向に動いており、その庇護も少ないものになってきています。それを見越して中国は軍事的圧力を高めてきています。

さて、集団的自衛権ですから、同盟国が侵略されたら同盟国を支援します。
もちろん、日本が侵略を受けると同盟国が日本を支援してくれます。
ですので、集団的自衛権を持ち、同盟国を増やすことで日本に侵略をする側は自動的に敵が増えてしまうので、侵略しづらくなります。
先ほどアメリカの支援が減っている、と述べましたので、同盟国を増やして侵略を受けづらくする、という方向で防衛力を高めていくのは自然なことです。
防衛力が高まれば侵略を受け、危機的状況になる可能性が減るので、徴兵される可能性も減ります。

以上から、集団的自衛権を保持すると、徴兵制が始まる可能性が下がり、集団的自衛権を保持しないと、徴兵制が始まる可能性が上がります。
現に、永世中立国として集団的自衛権をほぼ放棄しているスイスやオーストリアでは徴兵制が存在します。他国の支援が無いので、侵略を受けるとただちに危機的状況になるためです。
ただし、そういった可能性も少なくなってきているので、徴兵制を廃止している永世中立国もあります。

当然ながら、集団的自衛権の行使に反対している日本国民の皆様は日本が侵略を受けた際に自ら銃を手に戦うために徴兵制を可及的速やかに開始するようデモや講演会を行っていることでしょう。
日本は中国との間に尖閣諸島の問題を抱えており、侵略を受ける可能性が十分にあるため、スウェーデンのように徴兵制を廃止することは難しいです。
もしそうでないなら日本が戦争に巻き込まれるとショック死する病気であるか、単に頭が悪いかです。
日本が様々な国と軍事同盟を結ぶとアメリカが日本を支援しなくなるかというと、そうではありません。単純に日本という国がアメリカの脅威になるので、敵対するより味方になってしまう方が安全で、ローコストで済むためです。
ちなみに、スイスとオーストリアでは徴兵制を廃止するための国民投票を行い、否決されています。国民が永世中立国であることに誇りを持ち、自分の国は自分で守るという強い意志があります。かっこいいですね。

他国の侵略により日本の存亡が危うくなった際に、それでも日本を守るべく戦争に参加したいと思わない日本国民はいるのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください