遊戯王MD閃刀姫


今月は閃刀姫だけでPlat1までいくぞ!と意気込み動画も上げて始めたのですが、シンクロフェスティバル中のデイリー消化で10連勝以上してしまいいつの間にかPlat1に到達、昇格戦を動画にすることもできない影の薄い結果となりました。
しかしPlat1に到達したことに変わりないので、デッキの紹介をします。

メインデッキ40枚
モンスター14枚
《エフェクト・ヴェーラー》x3
《増殖するG》x3
《灰流うらら》x3
《閃刀姫−レイ》x3
《閃刀姫−ロゼ》
《ダイナレスラー・パンクラトプス》
魔法21枚
《サンダー・ボルト》
《ハーピィの羽根帚》
《死者蘇生》
《増援》
《強欲で貪欲な壺》x2
《閃刀起動−エンゲージ》x2
《閃刀術式−アフターバーナー》x2
《閃刀術式−ジャミングウェーブ》
《閃刀機関−マルチロール》
《墓穴の指名者》x2
《閃刀機−ホーネットビット》
《閃刀機−ウィドウアンカー》x2
《閃刀機−シャークキャノン》
《禁じられた一滴》x3
罠5枚
《砂塵の大嵐》x2
《無限泡影》x3

EXデッキ13枚
《閃刀姫−カガリ》
《閃刀姫−シズク》x3
《閃刀姫−ハヤテ》x2
《閃刀姫−カイナ》x2
《水晶機巧−ハリファイバー》
《トロイメア・フェニックス》
《閃刀姫−ジーク》
《神聖魔皇后セレーネ》
《アクセスコード・トーカー》

最も珍しいのは《砂塵の大嵐》でしょう。サイドデッキに入ることが多いと思いますが、マスターデュエルはシングルなので、渋々メインデッキに搭載しています。
これがないとエルドリッチなどの罠ビートと戦えないこと、《王宮の勅命》で完封されてしまうことを考慮して採用しています。
《閃刀機関−マルチロール》が1枚で《閃刀空域−エリアゼロ》が入っていないのは、ただでさえ事故率の高い閃刀姫においてこれらそのものが事故要因になりえることを考慮しています。《閃刀機関−マルチロール》は自分の魔法にチェーンさせなくする効果があり、後手番の切り返し札として利用できるため1枚だけ採用しています。
ゲームスピードが速く長期戦になりづらい都合マルチロールで複数回閃刀魔法を利用することはあまりないと考えているので個人的な評価は低く、《閃刀姫−ハヤテ》の効果で墓地に送る最優先候補になっています。
《禁じられた一滴》は妨害札として機能するだけでなく、火力の低い閃刀姫においては火力補助としても優秀なため、3枚採用しました。とはいえ手札誘発で相手の展開を妨害しないとあっさり詰みかねないので、初手に握りやすいようにデッキ枚数はなんとかして40枚に抑えました。

このゲームを始めて最初に組んだデッキであり思い入れはあるのですが、あまりパワーがあるとは感じませんでした。何か少ない枚数で出張できるものを採用するか、《閃刀起動−リンケージ》のような新規カードの実装を待ちたい所です。《召命の神弓−アポロウーサ》にやけに強いので、他のデッキを使ったときにその強さに驚きました。

来月は電脳堺を使っていきたいと考えています。デッキのたたき台自体は完成していますが、展開手法が多く読みにくく似た名前のカードが多いため身につけるのが大変で私が使いやすいように微調整をするにも時間がかかりそうですが、再びPlat1まで到達したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください