遊戯王MD超融合エルドリッチ


遊戯王マスターデュエルでPlat1に到達した《超融合》を採用した《黄金卿エルドリッチ》構築の紹介です。
遊戯王自体はルールが複雑で、困ったらWiki見るか事務局に聞いてね調整中でも我慢してねという態度が気に入らず10年以上前に引退、カードも全て処分してしまったのですが、マスターデュエルはそういうものがないので安心してプレーできるということで始めてみました。
ブランクの間にエクシーズ召喚やらリンク召喚やらが生まれ、プレイマットもなんだか大きく見えますが気のせいかもしれません。未だにリンク召喚のルールはよく知りません(調べてない)
そんな状態ではありますがなんとかPlat1に到達させてくれたデッキになります。
メインデッキ40枚
モンスター8枚
《灰流うらら》x3
《ダイナレスラー・パンクラトプス》
《海亀壊獣ガメシエル》
《黄金卿エルドリッチ》x3
魔法12枚
《サンダー・ボルト》
《ハーピィの羽根帚》
《死者蘇生》
《黒き覚醒のエルドリクシル》
《呪われしエルドランド》x2
《超融合》x2
《墓穴の指名者》x2
《白き宿命のエルドリクシル》x2
罠20枚
《無限泡影》x3
《紅き血染めのエルドリクシル》x3
《神の宣告》x3
《永久に輝けし黄金郷》
《王宮の勅命》
《スキルドレイン》x3
《黄金郷のワッケーロ》x3
《黄金郷のコンキスタドール》x3

EXデッキ15枚
《沼地のドロゴン》
《アースゴーレム@イグニスター》
《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》
《捕食植物ドラゴスタペリア》
《始祖竜ワイアーム》
《捕食植物トリフィオヴェルトゥム》
《黄金狂エルドリッチ》
《セイクリッド・プレアデス》
《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》
《超巨大空中宮殿ガンガリディア》
《超弩級砲塔列車ジャガーノート・リーベ》
《天霆號アーゼウス》
《リンク・スパイダー》
《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ》
《照耀の光霊使いライナ》

相手先手番の妨害札として《灰流うらら》と《無限泡影》、捲り札として《ダイナレスラー・パンクラトプス》、《海亀壊獣ガメシエル》と《超融合》を採用しています。
《超融合》を使うため《強欲で金満な壺》と《金満で謙虚な壺》、《群雄割拠》と《御前試合》を不採用としています。《群雄割拠》は入れたり抜いたりしていたので不採用と言い切るのは微妙ですが。
《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》ではなく《海亀壊獣ガメシエル》を採用しているのは素の《黄金卿エルドリッチ》で殴り倒せるためで、1枚しか処理できないのもあり一長一短だと感じるのでどっちでもいいのかなと思います。
マスターデュエルはシングルと言うこともあり、多くのデッキに《墓穴の指名者》が入っているので《黄金卿エルドリッチ》救出用に《白き宿命のエルドリクシル》を2枚採用しましたが、1枚に減らして《群雄割拠》を入れたりとかしていました。現在は2枚入りです。
《黄金卿エルドリッチ》2体で攻撃して《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》で7000点、《黄金卿エルドリッチ》の効果を使っていれば一気に8000点となるので制圧力、打点、持久力を兼ね備えたすごいテーマが出てきたもんだと感じました。ついに《ガーディアン・エアトス》が出たのか使ってみたいなーとか思っていたのに使いようがありません。
まだまだあからさまなミスを多くしているので、来月もPlat1に到達できるよう構築のブラッシュアップとプレイスキルの上達に努めていきます。
あ、お友達も募集中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください