プロフェッショナルゲーミングイヤーマフ

ゲームの大会では、実況や歓声が聞こえないようにイヤーマフ(あるいは遮音性の高いヘッドセット等)の着用が義務づけられてる場合があります。
そんなイヤーマフの紹介です。

私がプレーするCSGOの大会で使われているのは主に以下の3種類です。

3M™ PELTOR™ Optime™ III Ear Muffs H540A
FACEIT League Season 2 LAN Finalsで使用されました。並行輸入品が購入でき、お手ごろ価格です。
マイクは付いていないため、多くのプロはイヤホン+ヘッドセットを首に掛けてマイクのみ使うという方法を取ります。
安価なためか、最も多く見るイヤーマフです。
[amazonjs asin=”B000VDX18E” locale=”JP” title=”防音用イヤーマフ PELTOR H540A (NRR30dB) 並行輸入品”]

plantronics GAMECOM COMMANDER
ESWC2014で使用されました。遮音性の高いゲーミングヘッドセットで、これが支給された場合は多くのプロがイヤホン+これのマイクというスタイルでプレーしています。
この製品はすでにディスコンされています。大会等で使用されるものは特注品のようで、変なロゴが入っています。
ちなみにポケモンWCS2014でも使われました。

3M™ PELTOR™ XP Radio Headset HRXP7A-01
DreamHack Winter 2014で使用されました。日本未発売ですが並行輸入品が手に入るかも。
なんとFMラジオが聴けます。これで暇な時も安心ですね。しかし340gとウルトラ重い上に更にヘッドセットを掛けなければならないので、プロを目指す方は首を鍛える必要がありますね。

その他には大会スポンサーのヘッドセットをイヤーマフ代わりに使うように言われたりするようです。

私自身はイヤホン+スタンドマイクというスタイルでプレーしており、選挙の際などは近所で頻繁に演説が行われるためイヤーマフが欲しいと感じることがあります。統一地方選挙の前までに何か買っておこうかな。

[amazonjs asin=”B004KVIZCA” locale=”JP” title=”SONY エレクトレットコンデンサーマイクロホン PC60 ECM-PC60″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください