また一つ歳を重ねてしまいました


先月また歳を取ってしまい、それまでにはもう1本記事を書くつもりだったのですが、いつの間にか一月が経ちもう8月の終わりが見えてくるようになりました。

相変わらずヘルニアは治っておらず、ウォーキングが良いらしいと聞き始めてみるも改善の兆しは見えません。
これに関連して、ポケモンGOを今更始めました。ディアルガには間に合いませんでしたが、パルキアとザマゼンタは手に入れることができました。ウォーキングの際のささやかな楽しみになり、ほぼ毎回異なる散歩ルートを選ぶ羽目になるのも新鮮でいいですね。

近況としてはもう一つ。エアコンが新しくなりました。不祥事まみれの三菱電気製なのが少々気になりますが消費電力が半分どころか1/5以下までに減りました。24時間ほとんどつけっぱなしなので、この電気代の低下は嬉しいはずです。

それでは、すっかり月1更新と化したこのBlogですが、今年もよろしくお願いします。

ババーン

WAIS™-IV知能検査の結果


結果自体は4月末頃に既にわかっていたのですが、予想通りの低いスコア(主治医には多分自分(主治医)よりも高いよとか励まされましたが)で、悲しい気持ちであったので、中々記事にできませんでした。
・全検査IQ : 124(119-127)
・言語理解: 108(102-113)
・知覚推理: 130(122-134)
・ワーキングメモリー: 128(120-132)
・処理速度: 114(106-120)
*全て括弧内は90%信頼区間

ヘルニアの関係で、鎮痛剤の副作用で眠く、それが効いてようやく少し腰が痛いような状態での受験となったので、知覚推理、ワーキングメモリーそして特に処理速度に悪影響があったと考えられます。主治医には1年半後くらいにリベンジすると負け惜しみを言っておきました。
言語理解がやけに低いのが気になります。もっと知識をつけるべきですね。
元々不器用であること、左利きを右利きに矯正されたことも災いして処理速度がとても低いです。
私のように自閉傾向が高く、IQが高い人はワーキングメモリーのスコアがとても高いのが特徴となりますが、それも低いですね。ちなみに自閉症の方は150くらいあります。ワーキングメモリーは若干ならば鍛えることができるので、折角負け惜しみも言ったことですし、少し鍛えてみようと思います。
現状無職で、ロクな就職の手段もなく、私の住む長崎でもコロナが広まりつつあり企業側の採用が減りつつある今、IQが高いことくらいしかアピールポイント、というより就職のための突破口がなかったのですが、IQ124ではそれも不可能です。
リモートワークが可能な程度のPCは、Macですが所持しているので、IQ124でC++の初学者、HTML、CSS、Javascriptの古い知識ならある程度の人間ですが、雇ってもいいよという方はどうか連絡してください。

余談ですが、ワーキングメモリーはゲームでもとても大切です。fezではバッシュ耐性の相手の名前を覚えておくことは重要です。自分の耐性やアムブレの時間を覚えることも大切ですね。
バッシュ耐性の敵に攻撃したらバッシュに被って、「お前さっきこいつにバッシュしたやんけ!!!!!」と思うことは多いです。
LoLでは相手のRやフラッシュ、テレポートはとても重要ですが、ARAMしかしてないので全然測ってません。いや測った方がいいんですが、現状自分にそれを生かすだけの実力がありません。いやそれでも測った方がいいんですが。
ゲームを通じてワーキングメモリー、キーボード操作とマウスコントロールで処理速度を鍛えつつ、お勉強をしっかりして知識をつけて、リベンジに備えたいですね。
処理速度は主に暗算の速度と記号の書き取りなので、ゲームで鍛えるのは難しいです。筆記体の練習帳でも買ってきて書いた方がいいかもしれません。